アルミ鋳物・砂型鋳造は石川県羽咋市
株式会社 橋本合金

「職人」とよばれる熟練者にしか作ることができない匠の技。
一級鋳造技能士の技をお届け致します。

トップイメージ

HOME ≫ 自硬性砂型について

生砂型手込めの職人技をフラン自硬性砂型に応用

一級技能士と職人による技術の融合

職人
1級鋳造技能士だからこそお応えできる技術があります。また、この道50年にわたって培かわれてきた知恵と経験があります。
橋本合金ではこの二つの力を融合させ生砂型手込めの職人技をフラン自硬性砂型に応用いたしております。LOT1~100個程度のリピート生産、単発もの試作にもご対応いたします。
製品重量 1Kg~70Kg程度までの対応が可能です。中でも5Kg~50Kgの小物・中物を得意としております。

鋳肌がキレイ

鋳肌
最も得意としている技術の一つです。

橋本合金では外観品質の要求されるものが多く、砂の粒度が細かい物を使用しています。しかし、砂の粒度だけで鋳肌がきれいになる訳ではございません。

1級技能士を先頭に若手スタッフが造形技術を駆使し、それぞれの形状に合わせて丁寧に型込めを行っております。

複雑な形状に対応

furanji
自硬性砂型は特に複雑形状に向いています。
砂が時間とともに硬化し複雑形状でも容易に作ること可能となります。
しかし、難易度の高い物になるとそれだけではクリアできないものが沢山あるのも事実です。
橋本合金ではその形状に応じてバインダーとなる樹脂、硬化剤の添加量を何段階にもコントロールを行い、最適の条件のもとで造型を行っています。

自硬性砂型の製作事例

お問い合わせ

株式会社 橋本合金


〒925-0046
石川県羽咋市兵庫町タ14番地5
TEL: 0767-22-6166
FAX: 0767-22-4740
お気軽にお問い合わせください。

Side Menu

モバイルサイト

株式会社 橋本合金モバイルサイトQRコード

株式会社 橋本合金モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!